入れ歯治療の流れ

一般的な入れ歯の治療プロセスはおおむね次の通りとなりますが、実際の流れは患者さまの状態や部分入れ歯か総入れ歯かによって異なります。

  • 診断とカウンセリング

    step01

    診断とカウンセリング

    歯の欠損に対して、インプラント、ブリッジ、入れ歯(義歯)のうち、どの方法を選択するかを決定します。

  • 口の中の型を取る

    step02

    口の中の型を取る

    入れ歯治療を決めたら、口の中をモデル化した型を取ります。これを「印象を取る」と言いますが、予備印象と最終印象に分けて2回行う場合もあります。

  • 咬み合わせに適した高さを決める

    step03

    咬み合わせに適した高さを決める

    型に合わせて、「咬合床」という入れ歯のモデルを使い、咬み合わせのチェックや唾液が上手く飲めるかなどの機能診断を行い、咬み合わせの高さを決めます。

  • 歯並びをチェック

    step04

    歯並びをチェック

    全体的な歯並びを機能面、審美面の両方から、細かくチェックします。

  • 細かな微調整

    step05

    細かな微調整

    入れ歯を装着した後に必要となる微細な調整を行います。ここでは型によるシミュレーションでは予想できなかった不具合などについても細かく追求し、丁寧に仕上げていきます。

  • 使用中に生じた違和感や不具合の調整

    step06

    使用中に生じた違和感や不具合の調整

    実際に患者さまが生活のなかで感じた、さまざまな問題点を伺いながら、違和感や不具合の改善を行います。通常は使用開始から1週間以内に診せていただくようにしています。

  • 最短の場合、初回来院時に「診断〜型取り」、2回目の来院で「入れ歯装着と調整」の2回で終了しますが、実際に使用していくなかで細かい不具合が生じ
  • ることがありますので、治療後微調整を行うのが望ましいと言えます。
    歯周病を患っている場合は、原則としてそちらの治療を優先させます。歯肉炎症があるままで型取りをしても、当然良い結果は得られません。

「入れ歯が痛くて、ものが噛めない…」「自分に合う入れ歯を作りたい…」 「見た目もよい入れ歯を探している」 「他院での入れ歯に満足していない…」

など、入れ歯の悩みはありませんか?入れ歯についてのご相談・受診予約を受け付けています。セカンドオピニオンとしてもぜひご相談ください。

03-5318-0550