入れ歯が合わない

入れ歯が合わない

入れ歯(義歯)治療を選択された患者さまのなかには、さまざまなトラブルを抱えているケースが少なくありません。
しかし、それらの原因をしっかりと追求し、丁寧な調整を行うことで、ほとんどは改善が可能です。

もちろん、装着したその日から完全な入れ歯であれば言うことはありません。
しかし一人ひとり異なるお口の状態に合わせる治療のため、多くの場合は調整が必要となるのです。
この調整を丁寧に行うことは、入れ歯治療の重要な柱であり、これなくして、「良い入れ歯」はできません。

入れ歯が合わない、そんなときは…

装着時の痛み
  • 原因

    歯肉と入れ歯の不適合

    歯を失うと、歯肉が変形してしまうことがありますが、このような場合、噛む力が一点に集中し、そのために痛みが生じます。

  • 原因

    歯肉に対して、入れ歯の圧力がアンバランスである

    装着部分の形状バランスが悪いために、咬むたびに痛みが生じてしまいます。

  • 原因

    歯肉が痩せているために、入れ歯が安定していない

    歯肉粘膜が薄かったり、歯肉自体が痩せ過ぎたりすると、入れ歯が動きやすく痛みが出ます。また、唾液分泌が少ない場合も、歯肉粘膜に傷がつきやすいので痛みが出やすくなります。

  • ずれる、外れる
  • 原因

    入れ歯そのものがすり減って、咬み合わせが悪くなる

    入れ歯自体が悪いわけではないので、安定剤などで一時しのぎをしてしまいがちですが、根本的な解消策ではありません。

  • 原因

    歯肉が痩せて、入れ歯との形状がマッチしなくなった

    装着部分の安定性が著しく低下するため、ちょっとしたことですぐにずれたり外れてしまう。

  • 原因

    そもそもの設計が悪い、あるいは装着後の調整が不完全だった

    これが一番問題です。作った入れ歯そのものがいけないのですから、治療をやり直す必要があります。

  • セカンドオピニオンについて

    セカンドオピニオンについて

    他院で治療した入れ歯の調子が悪く、再調整もしくは設計のし直しなどを希望される患者さまに対しては、当クリニックでリフォームなど、じゅうぶんな対応をさせていただいております。
    状態によっては、再調整だけで済まないこともありますが、入れ歯の不具合でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

    入れ歯について

    「入れ歯が痛くて、ものが噛めない…」「自分に合う入れ歯を作りたい…」 「見た目もよい入れ歯を探している」 「他院での入れ歯に満足していない…」

    など、入れ歯の悩みはありませんか?入れ歯についてのご相談・受診予約を受け付けています。セカンドオピニオンとしてもぜひご相談ください。

    03-5318-0550